アルビコッコの休日

愛媛出身ののんびり屋さん。マイペースで遊んでいます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

京丹後カニ旅行(1日目) 

■まずは天橋立へ出発…特急北近畿~特急はしだて

結局、スタッドレスタイヤの購入を断念したので、バスと電車を乗り継いでカニ旅行に出発!!! 前日に「折角、日本海側に遊びに行くので天橋立でも見にいこかぁ。」と言うことで、まずは福知山まで特急北近畿に乗車。

1時間ほどゆったりできるので娘は乗った瞬間お菓子をほおばってました^_^; 福知山で特急はしたて号に乗り換え。このはしだて号は宮津駅で前後ろが逆になって走り始めます。Uターン初体験。なんか変な感じ^_^;

特にトラブルもなく1時間40分くらいで天橋立駅に到着!!!

 

天橋立ビューランドが1時間半の予約待ち…

天橋立といえばビューランド。早速モノレール乗り場へ。・・・すごく混雑してる。い、1時間半待ちやて!!! でも、折角ここまできたので予約することに。

 

■まずは天橋立を歩いてみる
時間までなにしよかー。悩んでも悩んでも他に何もないので饂飩食って天橋立を歩くことにしました。下から見る天橋立も良いですが、ここが天橋立だ!!!という実感はなかったですが^_^;

カニ旅行-天橋立海岸

さて。

あまり遠くまで行くと戻るのが大変なので、ちょっと早いけどモノレール乗り場に向かうことに。時間調整は近所のちっちゃい公園でもできるので。と引き返している途中に人ごみが・・・。

橋が、橋が動いとるがな!足早に向かうと、橋より背の高い船が通るときに橋が90度回転するんですね!!! 全然知らないかったぞ!!! 見事通過していきました。(当たり前だけど)

カニ旅行-天橋立の橋

■いざビューランドへ!!!
モノレール乗り場の近所のちっちゃな公園で時間つぶしをして、いよいよ出発!!! 一番最初にモノレールに乗れたので見晴らしの良い席に座ることができました。が・・・、、、

モノレールの窓、もっと綺麗にしたほうが言いと思います。曇ってて写真がシャーってなってました^_^; まーでも良い景色!!! これが天橋立かぁ・・・、などと感心しているうちに終点へ。実は上から見る天橋立は始めてないのでワクワクしてました(笑)

とーちゃーく。

カニ旅行-天橋立シャー

■定番の股のぞき!!! でも…
モノレールから降りると天橋立しか目に入っていません(笑) 股のぞきの台を見つけて写真をパシャパシャ。定番の股のぞきも体験しました。これが、天に昇っていく橋なのかぁ・・・。と目を乗り物コーナーの方に向けると・・・

カニ旅行-天橋立股のぞき

時間が止まっている…

これはある意味すごいぞ^_^; そこにはバブル最盛期の乗り物がさびれかけながらもなんとか動いていました。ランド内をぶらーっと一周しましたが、もう発する言葉がないですねぇ。

いっそのことランドは無くしてしまって、普通の公園にしたらいいのになぁ・・・。ちょっとがっかりしながら次のモノレールで降りることにしました・・・。

■いざ丹後神野へ!!! 北近畿タンゴ鉄道を味わう

気を取り直して、各駅列車で丹後神野の旅館へ向かうことに!!! 北近畿タンゴ鉄道はのんびりしてて良いですね。青の1両列車が駅に到着。かわいかったので写真に納めました。ディーゼルの各駅列車に乗るのは久しぶり。何か旅してるなぁ、という感じがします。

カニ旅行-北近畿タンゴ鉄道

旅館すずらん

到着。駅から電話すると直ぐに迎えにきてくれます。館内は広く清潔でかなり良かったです。旅館の方の対応も親切丁寧でくつろぐことができました。温泉の他に足湯もあるので、ほんまゆっくりくつろげる感じです。

さてさて。温泉にも入って準備かんりょ~~~。

 

■カニ三昧!!!

もう、たまりまへん。うまい!!! うまい!!! うまい!!! 娘には金ちゃんの仮装大賞を見てもらって大人はカニ・蟹・かに!!! 次から次えとカニ・蟹・かに!!! 皆様もご堪能ください(笑)

カニ旅行-お子様ランチ

カニ旅行-ビール

カニ旅行-刺身盛り合わせ

カニ旅行-天ぷら盛り合わせ

カニ旅行-かに味噌

カニ旅行-牡蠣フライ

カニ旅行-カニボイルと生

カニ旅行-カニ鍋

 

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://albicoccofesta.blog44.fc2.com/tb.php/12-accd0dba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。